HOME

自分の分身といえるほどの効力

印鑑と言うのは、日本で社会生活を送る上で非常に重要性の高いものです。日本社会においては、印鑑は自分の分身だといえるほどの、強力な効力を有するものだからです。例えば、もしも内容を見もせずに押した書類であったとしても、印鑑が押してあれば、印鑑を押した当人が認めた内容であると判断されるのです。また、書類の内容がおかしなものであって、印鑑を押したことを後悔したとしても、もはや取り消すことは出来ませんので、捺印する際には、必ず自分の目で書類に書かれている内容を確認し、理解した上で捺印する必要があります。捺印したものの中でも、特に実印は、人生の中で家や自動車の購入などの重要な契約時にのみ捺印することが多い印鑑ですので、特に注意する必要があります。また、印鑑は、保管する際に、盗難に合わない為にも、自分以外では分かりにくい場所に保管することが大切ですが、それと同時に、印鑑が傷つかないようにすることもまた大切です。なぜならば、印影が異なると、印鑑としての効力がなくなるからです。更に、印鑑の保管も重要ですが、その印影が他人にばれないように、実印や銀行印は無闇に押印するものではなく、必要最低限の書類にのみ使用することが大切です。