HOME > 印鑑と判子の違い

同じものとして用いられる言葉だが使用目的によって異なる

印鑑とはんこは、一般的には同じものとして用いられる言葉ですが、実際には違います。

印鑑とは、捺印をしたときに、紙や書類などに残る文字や絵のことです。つまり、印鑑は印影或いは印形と同じ意味の言葉です。

これに対押して、はんこは、判子とも書き、個人や或いは会社などの組織が、その当事者であることを証明するための印であるものです。そのため、はんこ屋さんというお店はあっても、印鑑屋さんと言うお店は、本来ならばありません。

但し、現代においては、印鑑とはんこという言葉は同じものとして用いられているため、便宜上印鑑ありますと広告しているはんこ屋さんもあります。はんこ、即ち判子は、切り口が円形や楕円形、或いは角型等をしていて、全体としては棒状をしたものです。

材質としては、柘植などの硬い木を用いた木製のものから、高価なものでは象牙製のものやチタン製のものなど、様々な材質の物が使われます。

また、使用目的によって、認印と呼ばれるものから、銀行印、実印などがあります。ここで注意すべきは、現代においては、印鑑からはんこ本体を偽造することはさして難しくないことになってしまっていることです。

そのため、一つの判子を実印、銀行印、認印に使い回すと非常に危険です。