HOME > 印鑑の押印と捺印

押印と捺印の違いは、その前に来る単語によって意味合いや使われ方が変わる

印鑑を用いた押印と捺印という言葉は、どちらも判子を押すという意味であり、それだけでは意味上の違いはありません。押印と捺印の違いは、その前に来る単語によって意味合いや使われ方が変わってきます。押印の方は、記名押印という言葉があり、捺印の方は、署名捺印と言う言葉をよく耳にすることでしょう。逆の組み合わせはありません。記名押印の方は、記名、つまり名前を記せばよい為、自署である必要はないということに解されます。つまり、ゴム印でもよいし、パソコンを使ってプリンターで印刷してもよいので、名前が書いてあれば記名であり、そこに印鑑を押すことを押印と呼びます。これに対して、署名捺印は、自署、つまり自筆で名前を書いて、印鑑を押すことと解されます。記名押印も署名捺印も、どちらも名前を記して印鑑を押すことに変わりはないわけですが、言葉の用法はこのように明確に区別されています。また、法律的には、記名だけでは、署名の代用としての効力を発揮しません。記名の末尾にその人の印が押してある場合に限り、署名と同じものとして取り扱うことができます。但し、証拠力の点では、署名捺印が最も勝っており、その次に署名、記名押印の順になります。記名のみでは証拠とはなりません。