HOME > 印鑑とサインの違い

押印の無い契約書は認められない!?

日本では、法人個人にかかわらず、契約や領収書のやりとり、荷物の受取まで本人確認のために日常的に印鑑を使用する事が多いです。

一方、欧米諸国などでは印鑑よりサイン(=署名)を使用する事が一般的です。

日本では信頼性や安心を重視し、欧米諸国は手軽さや便利さを重視する傾向があります。

自分を証明する手立てとして、日本では第三者機関に登録した実印で証明し、欧米諸国は自己責任を重んじるために、自らのサインで自分を証明していると言えるでしょう。

日本でも、ビジネス上の契約書などはサインと拇印だけでも十分有効な契約書として認められています。

契約書の作成の際など、必ずしも印鑑が必要な訳ではありません。

印鑑もサインも実はその効力は同じなのです。

ですが、習慣として押印は非常に重要視されており、印鑑の方が効力が強いと言えます。

日本では印鑑、とりわけ実印を押すという事は、契約においてその内容を本人自らが「確認し、最終的な意思決定を行った」事を証明する重要な手立てと考えられています。

ですから、日本では押印の無い契約書は有効な契約書として認められない場合がほとんどです。

印鑑、特に実印は印鑑証明書とセットになると、「その印鑑が本人のものである事を証明する」担保となり、お互いに安心・信頼を持った取引をする為に非常に有効であると言えるでしょう。